トップ  >  STOP!虐待
こんなときは

STOP!虐待

子育ては一筋縄ではいかないもの。「どうして言うことを聞いてくれないの?」「なんで泣き止まないの?」とイライラして、つい叩いてしまうこともあるかもしれません。

時には自分を追い詰めてしまい「これって虐待なの?」と不安になってしまう時も…。そんな時は、一人で悩まず話を聞いてもらうことが不安解消の糸口です。

相談機関窓口は悩んでいる方の気持ちに寄り添い、必要な対応やアドバイスを行っています。匿名の相談も受け付ていますので、安心してご相談下さい。

また、虐待とはどんなことかを把握しておくことも虐待防止に繋がります。正しい知識と理解をもって、子どもたちを守りましょう。

児童虐待とは?

親または親に代わる養育者が子どもに対して次のような行為をすることをいいます。

(法律では次の4種類に分類されています。)

児童虐待の種類

  • 身体的虐待・・・
    なぐる・ける・はげしくゆさぶる・やけどをおわせる・おぼれさせる・なわなどでしばり拘束する など
  • 性的虐待・・・
    子どもへの性的行為をする・性的行為を見せる・わいせつな写真や画像を見せる・ポルノグラフィーの被写体にする・わいせつな行為をさせる など
  • ネグレクト(育児の放棄、怠慢)・・・
    食事を与えない・病気やけがをしても病院に連れて行かない・家に閉じ込める・身体を不潔にしている・車の中に何時間も放置する など
  • 心理的虐待・・・
    無視・きょうだい間での差別扱いをする・言葉によるおどし・子どもの前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

子育て中のイライラ、孤独感は危険信号

ストレスをためすぎないで

 子どもとの毎日の生活では、思い通りに物事が進まなかったり、自分のしたいことができなかったりと、ストレスがたまりがち。「私がガマンすれば…」と思って心の中にストレスをため込むと、思いがけない形で現れたり、ふとした事で子どもにあたってしまったりすることがあります。

 日常からストレスをためすぎないためには、気持ちを話せる相手や、家族みんなで子育てする環境を作ることも大切なポイントです。少し子どもと離れる時間を作ってリフレッシュすると、お留守番している子どもがさらに愛おしく思えるかもしれません。家族の協力は、子育てには必要不可欠です。1人で頑張りすぎないで、子どもも家族も共に学び、育っていくつもりで子育てしましょう。

 家族の協力が得られない、イライラして子どもにあたってしまう、虐待してしまいそうで不安になる…など、心にモヤモヤがある時は、遠慮しないで相談窓口やカウンセラーなどに話してしまいましょう。話すだけでも、意外とスッキリしますし、いいアドバイスがもらえるかもしれません。

虐待に悩んだら、誰かと手をつなごう

 「話したら非難されそう」、「子どもと引き離されてしまうかも」…と不安を抱えながら、誰にも相談できないという方はいませんか?子どもの時に虐待を受けて育つと、また自分の子どもにも虐待をしてしまう…というケースがあります。また、虐待したくないと思いつつも、自分でも抑えられない衝動にかられてしまい、繰り返しては自己嫌悪に陥ってしまうというケースもあります。

 虐待の要因は、さまざまなものがあることがわかっています。人格を否定されたり、頭ごなしに非難されたりということはありません。子どもの健やかな成長のために、一番いい方法を探し出すためにも、悩んだら、誰かと手をつなぎましょう。親身になって相談にのってくれる機関や人を見つけて、虐待の連鎖を断ち切りましょう。


 

相談先・・・ひとりで悩まないで、話してみましょ。

★子どもについての相談(ことばや発達の遅れ・不登校・ひきこもり等)

★子育てについての相談(しつけの仕方が分からない・子どもをつい叩いてしまう等)

★虐待しているのかなと思う様子を見かけた時

■山形県福祉相談センター(中央児童相談所)

・電話番号:023-627-1195
・住所:〒990-0031 山形市十日町1-6-6
・受付日・時間:月曜日~金曜日 8:30~17:15
※児童虐待などの緊急時は休日、夜間も対応します。

■児童家庭支援センター(子ども家庭支援センターチェリー)

・URL:http://www.cherry.hs.plala.or.jp/
・運営者:子ども家庭支援センターチェリー
・電話番号:0237-84-7111
・住所:〒991-0002 寒河江市字下河原224-1
・受付日・時間:月曜日~土曜日 9:00~17:00
※児童虐待などの緊急時は休日、夜間も対応します

■子ども女性電話相談(電話相談専用)

・電話番号:023-642-2340
・住所:〒990-0031 山形市十日町1-6-6
・受付日・時間:毎日(年末年始を除く) 8:30~22:00

■山形県内各市町村児童相談窓口一覧掲載

・URL:http://www.pref.yamagata.jp/ou/kosodatesuishin/010002/jidoyogo/sityousonsoudanmadoguti.html
・運営者:山形県ホームページ
 山形県庁 担当課:子ども家庭課 児童養護担当

■児童相談所全国共通ダイヤル

・電話番号:189(いちはやく)
※お住まいの地域の児童相談所に電話がつながります

「虐待されてるのかな」と感じるようすの子どもを見かけたら

 もしかしたら虐待?以下のようなことを見かけた時や、心配な時は、上記相談窓口に連絡してください。
 「虐待をうけているのかもしれない、でも間違っていたら…」「関わらないほうがいいのかな…」と悩んでしまうかもしれませんが、相談についてのプライバシーや秘密は守られます。勇気を出して相談しみて下さい。その勇気がきっと子どもの笑顔に繋がります。

  • いつも汚れた服装をして不衛生にしている
  • 体や顔などに説明のつかない不自然なあざや、ケガをしていることがある
  • 夜間ひとりで出歩いているのをよくみかける
  • 子どもの泣き声が絶えず聞こえてくる
  • 小さな子どもを置いたまま頻繁に外出している  ・・・など

オレンジリボン運動を知っていますか

 オレンジリボンは「子ども虐待のない社会の実現」を目指す市民運動のシンボルです。
2004年9月栃木県で幼い兄弟が虐待で幼い命を奪われるという痛ましい事件が起こりました。このような事件が二度と起こらないようにと言う願いをこめて始まったのがオレンジリボン運動です。

・オレンジリボン運動公式サイトhttp://www.orangeribbon.jp/
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

・運営者:特定非営利活動法人 児童虐待防止全国ネットワーク



イベント情報タイトル
イベントカレンダー
ミニカレンダー (piCal)
前月2017年 9月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今後の予定 (piCal)
これからの予定
  09月23日
手足型をとって記念に!
  09月23日
わくわく河島山ウォーク
  09月27日
9月お楽しみ会&お誕生会『外あそび』
  09月28日
お誕生会
  09月29日
キッズダンス
他 80 件
ギャラリーリンク
QRコード
QR

top

かもしか家のひみつ |  ご意見 |  サイト概要 |  サイトポリシー |  プライバシーポリシー

Copyright © 2014 むらやま子育てナビ All Rights Reserved. |  ログイン